TUBERS
v1.22.6
YouTube ToS
YouTube API ToS
Google Privacy Policy
Google Security Settings

Tubers利用規約

第1条(規約の適用と範囲)

1 Tubers利用規約(以下「本規約」といいます。)は、クリエイターニンジャ株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する各種サービス(以下、総称して「本サービス」といいます。)の利用に関する諸条件を定めるものです。本サービスを利用するお客様(以下「ユーザー」といいます。)は、本サービスの利用開始前に、本規約の内容を十分に確認・理解した上で、本規約の定めに従って、本サービスを利用しなければなりません。なお、当社は、ユーザーが本サービスの利用を開始したことをもって、当該ユーザーが本規約の内容を全て理解した上で、これに同意したものとみなします。

2 ユーザーが未成年者である場合は、親権者などの法定代理人の同意(本規約への同意を含みます。)を得た上で、本サービスを利用してください。また、本規約に同意した時点で未成年であったユーザーが、成年に達した後に本サービスを利用した場合、未成年者であった間の利用行為を追認したものとみなします。

3 ユーザーが本サービスを事業者のために利用する場合は、当該事業者の権限ある代表者が本規約に同意した上で本サービスを利用してください。

4 当社が、本サービスに関して個別の利用規約(以下「個別規約」といいます。)を別途定めた場合、ユーザーは、本規約のほか当該個別利用規約の定めも遵守して、本サービスを利用しなければなりません。本規約と個別規約の内容が異なる場合は、個別規約の内容が優先して適用されるものとします。

第2条(アカウント登録)

1 本サービスの利用を希望する者は、本規約を遵守することに同意し、かつ、本サービスの一部については、当社の定める方法で、アカウント作成に必要なユーザーに関する情報(パスワードを含まない。以下「アカウント情報」といいます。)を当社に提供することにより、本サービスの利用の登録を申請することができます。

2 当社は、当社の基準に従って登録の可否を判断し、登録を認める場合にはその旨を前項の申請者に通知します。ユーザーとしての登録は、当該通知をもって完了したものとします。

3 前項の登録の完了をもって、当社とユーザーとの間に本サービスの利用契約が成立するものとし、これにより、ユーザーは、本規約に従って本サービスを利用することができることになります(ただし、無償で利用できる範囲のものに限られます。)。

第3条(登録情報の変更)

1 ユーザーは、当社に対し、真実、正確かつ完全なアカウント情報を提供しなければならず、登録したアカウント情報に変更が生じた場合は、直ちに修正し、常に最新の情報を登録しておかなければなりません。

2 当社は、アカウント情報の登録又は変更不備によってユーザーが被るいかなる不利益又は損害についても、一切責任を負いません。

第4条(アカウントの管理)

1 ユーザーは、アカウントを、不正に利用されないよう、自身の責任で厳重に管理しなければならず、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡及び売買等することはできません。

2 当社は、登録されたアカウントを利用して行われた一切の行為を、当該ユーザー本人の行為とみなします。

第5条(ユーザー情報の取り扱い)

1 当社は、アカウント情報、本サービスを通じて取得したユーザーのアクセスログ、及びユーザーがYouTube(米国カリフォルニア州に設立されたYouTube,LLCが運営する動画共有サービス)の利用規約及びプライバシーポリシーに従って利用することを許可した情報(以下、総称して「ユーザー情報」といいます。)を、以下の各号に定める目的で利用するものとします。

⑴ 広告動画の制作依頼等

⑵ 本サービスの提供、継続的なメンテナンス、機能の改善・追加その他コンテンツの提供

⑶ ユーザーからの問い合わせ及び要求への対応、並びにカスタマーサービスの提供

⑷ 技術的通知、バージョンアップ、セキュリティの警告、サービス及び運営メッセージに関する通知

⑸ ユーザーに対する製品、サービス、優待、キャンペーン、アンケート、ギフト、その他の情報等の提供

⑹ 当社及び第三者の商品等の広告又は宣伝(ダイレクトメールの送付、電子メールの送信を含む。)

⑺ ユーザー情報の集計・分析に基づくデータの作成、当該データの販売、及び当該データの利用(記事・プレスリリース発表、メディア運営への利用を含むが、これに限られない。)

⑻ 詐欺及び違法行為の検出、調査又は防止

⑼ 第三者への提供

⑽ 上記の各号に付随する利用目的

2 当社は、変更前の利用目的と関連性を有すると合理的に認められる範囲内において、利用目的を変更することがあります。利用目的を変更した場合は、変更後の利用目的を、当社ウェブサイト上にて公表いたします。

3 当社は、本サービスを停止する場合、適宜の方法により、ユーザー情報を適切に処分いたします。

第6条(本サービスの利用条件)

1 ユーザーは、本サービスのうち、利用方法及び利用期間等の利用条件が別途定められたサービスを利用する場合、かかる利用条件に従わなければなりません。

2 ユーザーは、本サービスが予定している利用態様を超えて利用(複製、転載、改変等の行為を含みます。)してはなりません。

3 当社は、本サービスの全部又は一部を、年齢、本人確認の有無、登録情報の有無、その他当社が必要と判断する条件を満たしたユーザーに限定して提供することができるものとします。

4 当社は、当社が必要と判断した場合、事前通知することなく、いつでも、本サービスの全部又は一部の内容(仕様、デザイン、視聴覚表現、その他一切の事項を含みます。)を変更し、また、その提供を中止することができるものとします。

第7条(有償サービスの利用)

1 ユーザーは、本サービスのうち、当社が有償で提供するサービスの利用を希望する場合、当社指定の申込書類等に必要事項を記入して、申し込まなければなりません。

2 当社が、前項の申込みを承諾した時点で、当社とユーザーとの間に本サービスの有償利用契約が成立いたします。

3 有償利用契約の内容(利用料、利用期間、利用方法その他利用条件)については、申込書類等に定めるものとします。

第8条(利用環境)

ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、必要なスマートデバイス、通信機器、オペレーションシステム、通信手段及び電力など、ユーザーの費用と責任において用意しなければなりません。

第9条(ユーザーによる動画配信等)

1 ユーザーは、本サービスを利用して作成した動画等のコンテンツ(以下「ユーザーコンテンツ」といいます。)を自由に利用することができます。

2 当社は、一部のユーザーに対して、特定の商品等の広告を目的とした動画(以下「広告動画」といいます。)の作成及び配信を依頼する場合があります。ただし、当社は、ユーザーに対して、広告動画の作成等を依頼する義務を負うものではありません。

依頼を受けたユーザー(以下「クリエイター」といいます。)は、当該依頼を受諾するかどうかにかかわらず、当該依頼の存在を含め、当該依頼を通じて知り得た一切の情報を第三者に漏洩することはできません。

3 広告動画の作成等を受諾したクリエイターは、以下の点を遵守しなければなりません。また、クリエイターは、一度受諾した依頼をキャンセルすることはできません。

⑴ 広告動画の作成にあたり、広告主を誹謗中傷し、又はその信用やイメージを損なうおそれのある表現を用いないこと。

⑵ 広告動画の作成にあたり、広告主から提供されたものを除き、第三者の著作物及び第三者の権利を侵害するおそれのあるものを、当該第三者に無断で使用しないこと。

⑶ 広告動画を投稿する前に、その内容について当社の承認を得ること。

⑷ 作成した広告動画について修正を依頼した場合は、投稿前に限り、少なくとも1回は当該依頼に応じること。

⑸ 当社が指定するクリエイターのYouTubeチャンネル及びSNS以外に、広告動画を無断で投稿しないこと。

⑹ 作成する広告動画に、広告主以外の広告は一切含めず、またGoogle社が提供する広告収益プログラムを設定しないこと。

⑺ 当社が広告動画の削除又は非公開を指示した場合、これに直ちに従うこと。

⑻ 事前に当社の許可を得ない限り、広告動画を投稿した日から1年を超えるまで、当該動画を削除又は非公開設定にしないこと。

⑼ 広告主が広告動画の二次利用を希望した場合は、当社を通じて、利用の可否、利用範囲及び利用の対価等について、速やかに回答すること。

⑽ 依頼内容、修正依頼、その他広告動画の作成等にかかる一切の事項について、誹謗中傷・不平不満を発信しないこと。

⑾ 広告動画の作成等を受諾した日から5日以内に、以下の情報を当社に提供すること。

① 氏名、住所、メールアドレス、日中連絡がとれる電話番号

② 広告動画の作成に対する報酬の振込先

③ マイナンバー及び本人確認書類

④ その他当社が必要と認める事項

4 広告動画の作成等に対する報酬金額については、個別に定めるものとします。また、報酬の支払時期及び支払方法については、原則として、動画投稿日が属する月の翌々月末日にまでに、クリエイターが指定する前項11号②の口座へ振り込む方法により支払います。ただし、案件に応じて、支払時期が変更となる場合もあります。振込手数料は当社の負担とします。

5 前項にかかわらず、第3項各号に定められた事由が遵守されなかった場合は、報酬は支払われず、当社より損害賠償を請求する可能性もあります。

6 当社は、クリエイターに対し、クリエイターが得るGoogle Adsenseの収益の一切を要求しません。

第10条(ユーザーコンテンツ等の管理)

1 当社は、ユーザーコンテンツ(広告動画を含む。以下同じ。)及びユーザーが送受信した情報等(以下、併せて「ユーザーコンテンツ等」といいます。)のバックアップを行う義務を負いません。ユーザーは、必要な範囲で自らユーザーコンテンツ等のバックアップを行ってください。

2 当社は、法令又は本規約の遵守状況等を確認する必要がある場合、ユーザーコンテンツ等の内容を確認することができます。ただし、確認義務を負うものではありません。

3 当社は、ユーザーコンテンツ等が、法令又は本規約に違反し、又は違反するおそれがあると判断した場合、その他業務上必要がある場合、事前に通知することなく、ユーザーコンテンツ等を削除するなどの措置を講ずることができます。

第11条(所有権及び著作権等)

1 本サービス及び本サービスに含まれる一切の情報(プログラム、デザイン等の全ての情報を含みます。)の著作権その他の知的財産権及び所有権等は、全て当社に帰属します。

2 ユーザーコンテンツ等の著作権その他の知的財産権、及び所有権については、当該ユーザーコンテンツ等を作成したユーザーに帰属します。ただし、ユーザーは、当社に対し、ユーザーコンテンツ等を本サービス、当社又はクリエイターのプロモーションに利用する権利(当社が必要かつ適正と認める範囲で修正・変更等を加える権利及びかかる利用権を第三者に再許諾する権利を含みます。)を無償、無期限かつ地域の限定なく許諾したものとします。

第12条(クッキーの設定)

当社は、当社の管理するウェブサイト等にアクセスした端末を識別する目的で、クッキーを設定することがあります。

第13条(禁止事項)

1 ユーザーは、本サービスを利用するあたり、以下に記載する行為を行ってはなりません。

⑴ 法令、裁判所の判決、決定若しくは命令、又は法令上拘束力のある行政措置に反する行為

⑵ 公の秩序又は善良の風俗を害するおそれのある行為

⑶ 反社会的勢力に対する利益供与その他協力行為

⑷ 当社又は第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、肖像権、プライバシー権、その他法令上又は契約上の権利を侵害する行為

⑸ 当社が定める方法以外の方法で、本サービスの利用権を貸与、譲渡、名義変更、売買、質入れ、担保供与その他の方法により第三者に利用させ、又は処分する行為

⑹ 過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引又は助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を投稿又は送信する行為

⑺ 当社又は第三者になりすます行為又は意図的に虚偽の情報を流布させる行為

⑻ 第三者の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを不正に収集、開示又は提供する行為

⑼ リバースエンジニアリング、スクレイピング、ダンピング、クローリング、その他これらに類する

行為

⑽ 不正アクセス、第三者のアカウントの利用行為、その他本サービスのサーバーやネット

ワークシステムに支障を与える行為

⑾ チートツール、その他の技術的手段を利用してサービスを不正に操作する行為、本

サービスの不具合を意図的に利用する行為、

⑿ 類似又は同様の問い合わせを必要以上に繰り返す等、当社に対して不当な要求をす

る行為、その他当社による本サービスの運営又は第三者による本サービスの利用を妨

害し、これらに支障を与える行為

⒀ 本サービスに用いられているアイディア、情報及び技術等を、ユーザー又は第三者の提供する他のサービス等に流用又は模倣する行為

⒁ 上記各号のいずれかに該当する行為を援助又は助長する行為

⒂ その他、当社が不適当と判断した行為

2 ユーザーが前項の規定に反した場合、当社は、当該ユーザーによる本サービスの利用を、事前に通知することなく直ちに禁止することができる。

第14条(退会・登録抹消)

1 ユーザーは、アカウントを削除していつでも退会することができます。ただし、クリエイターが第8条4項に基づく支払が完了する前に退会した場合、当該クリエイターは、その支払を受けることができず、また、退会後も当社と連絡が取れる状態を確保しなければなりません。

2 当社は、ユーザーが本規約に違反し、又は違反するおそれがあると認めた場合、事前に通知することなく、アカウントを停止又は削除することができます。

3 ユーザーによる本サービスの利用権は、理由を問わず、アカウントが削除された時点で消滅します。ユーザーが誤ってアカウントを削除した場合であっても、同様ですのでご注意ください。

4 本サービスのアカウントは、ユーザーに一身専属的に帰属し、本サービスの利用権を第三者に譲渡、貸与又は相続させることはできません。

第15条(ユーザーの責任)

1 ユーザーは、ユーザー自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為及びその結果について一切の責任を負うものとします。

2 当社は、ユーザーが本規約に違反して本サービスを利用していると認めた場合、当社が必要かつ適切と判断する措置を講じることとします。ただし、当社は、ユーザーによるかかる違反を防止又は是正する義務を負うものではありません。

3 ユーザーは、本規約に違反して本サービスを利用したことによって当社に直接的又は間接的に発生した一切の損害(弁護士費用も含みます。)を、当社の請求に従って直ちに賠償しなければなりません。

第16条(広告表示)

当社は、本サービスに当社又は第三者の広告を掲載することができるものとします。

第17条(提携パートナーのサービス)

本サービスは、当社と提携する他の事業者が提供するサービス又はコンテンツを含む場合があります。当該サービス又はコンテンツに対する責任は、これを提供する事業者が負います。

第18条(不可抗力事由)

天変地異、火災、停電、戦争、暴動、内乱等の不可抗力により、本サービスの提供が不能となった場合、当社は何らの通知なく、本サービスの提供を停止又は終了することができます。当社は、当該事由によって発生した一切の損害、損失、その他の不利益について、いかなる責任も負いません。

第19条(免責)

1 YouTubeのサービス内容及び運用の変更、又はYouTubeの全部又は一部を利用できなくなる等の事情により、本サービスの全部又は一部が利用できなくなる場合があります。当社は、かかる場合につき、ユーザーに対して一切責任を負いません。

2 当社は、本サービスに事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みますが、これらに限られません。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当社は、ユーザーに対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負うものではありません。

3 当社は、本サービスに起因してユーザーに生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。ただし、本サービスに関する当社とユーザーとの間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約に該当する場合、本規定は適用されません。

4 前項ただし書きに該当する場合であっても、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行又は不法行為によりユーザーに生じた損害のうち、特別な事情から生じた損害(当社又はユーザーが損害発生につき予見し、又は予見し得た場合を含みます。)について、一切の責任を負いません。

5 当社がユーザーに対して負う損害賠償義務の範囲は、当該損害が発生した月に、当該ユーザーから受領した利用料等の額を上限とします。

第20条(事業譲渡)

当社が本サービスにかかる事業を第三者に譲渡した場合(事業譲渡、会社分割、その他の方法による場合を含む。)、当社は、当該事業譲渡に伴い、本規約及び個別規約に基づく権利義務、ユーザー情報、及びその他本サービスに関連する一切の情報を、事業譲渡先に譲渡できるものとし、ユーザーはこれにあらかじめ同意したものとみなします。

第21条(合意管轄)

本規約、個別規約及び本サービスに関連して、当社とユーザーとの間で生じた一切の紛争については、東京地方裁判所又は東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第22条(準拠法)

本規約の成立、効力の発生及び解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。

第23条(規約の変更)

1 当社は、当社が必要と判断した場合、いつでも本規約及び個別規約を変更できるものとします。

2 変更後の本規約及び個別規約は、本サービス内又は当社が運営するウェブサイト内に掲示された時点からその効力を生じるものとし、ユーザーは本規約及び個別規約の変更後も本サービスを使い続けることにより、変更後の本規約及び適用のある個別規約に同意をしたものとみなされます。本サービスをご利用の際には、随時、最新の本規約及び個別規約をご参照ください。

2019年3月1日 制定